更年期障害について | 豊橋市のゆうみ鍼灸院・整体院COVO

更年期障害について

日本人女性が閉経する年齢は50歳から51歳が平均的ですが、閉経する年齢の前後にあたる45歳から55歳までの期間を更年期と呼びます。

 

そのような更年期に入った女性の身体に起こる症状が更年期障害であり、閉経し卵巣の機能がこれまでに比較して低下し、女性ホルモンで卵胞ホルモンとも呼ばれるエストロゲンが著しく減る事により生じます。

更年期障害の原因

エストロゲンの量が減ってしまうと、これまではエストロゲンにより調整されていた身体のあらゆる機能が正常に機能しなくなります。

 

しかも、体内にてエストロゲンの量が減少すると、既に分泌させる能力が低下しているのにも関わらず、脳は相変わらず卵巣により一層多くの女性ホルモンを分泌させるように指示を出し続けます。

 

 

能力が低下しているのにも関わらず分泌させる量を増やすという指示自体が負担になる上に、指示が送られた時には脳の周囲に不必要な刺激を与えてしまうので、自律神経にも影響が波及します。

 

 

つまり、更年期障害は自らの体内で生じている短期間で著しく女性ホルモンが減少している事と、波及して生じた自律神経のバランスの乱れによって心身の調子が悪くなるという事が原因です。

 

更年期障害の症状には程度に差異がある上、これまでの人生でも経験した事があるような比較的身近な症状が起こりますが、最も症状が重たい時には日常生活が営めなくなってしまう事も珍しくないほど重症化します。

更年期障害の症状

更年期障害を発症した方が特に口を揃えて訴えるのが肩こりであり、元来肩こりが起こりやすい方がますます強い肩こりに悩まされるようになる事例の他に、これまで肩こりに悩まされた経験がなかった方が更年期障害が原因で悩まされるようになる事もあります。

 

 

そして、更年期障害を代表する症状がホットフラッシュという名称もよく知られている火照りや発汗、のぼせた様子です。

 

脳が指示を出した際、周囲に及ぼした刺激により自律神経が乱れる事によって血管の拡張や収縮が健やかにコントロールされなくなり、暑くないのに多量に発汗したり顔が赤くなります。

更年期障害でお困りの方はゆうみ骨格整体院へ

どのような病気にも言えることですが、原因は必ずしもひとつだけとは限りません。

 

最も多い比較的多いものはありますが、それだけ注意をしていればいいというものではないのです。更年期障害には女性それぞれに症状があり、それに合わせた治療を行う必要があります。

 

ゆうみ骨格整体院では症状に合わせた治療を行っています。更年期障害の方は是非ゆうみ骨格整体院におこしください。

ご予約・お問い合わせ

電話
  • 店舗画像
  • 営業時間ネット予約

ゆうみ鍼灸院・整体院COVO

住所:〒441-8157 愛知県豊橋市上野町新上野22-2 2F※コンビニ サンクス 豊橋上野店 斜め向い

アクセス:豊橋鉄道渥美線【高師駅】下車 車で3分