過食症について | 豊橋市のゆうみ鍼灸院・整体院COVO

過食症について

昭和の初めの頃は食べるものがあまりない時代でした。ところがそれから70年以上経過した現代は、いくらでも食べるものがありすぎることが悩みの種となっています。

 

実は、このような時代は人類が始まってから初めてと言われているほどです。人類の歴史はおよそ300万年ほどありますが、ほとんどの時代は食にありつけない飢餓状態でした。

 

ですが現在は、食べるものが十分にありそれが原因で過食になりさまざまな病気を引き起こすことになります。人間の体が過食に向いていないのは、歴史を見ればわかるとおりです。

 

300万年の歴史の中で、食べ物が十分にあった時代はほんのわずかでそれ以外の時代はほぼ食べるものがなかったため人間の身体の機能は食べなくても大丈夫なようにできています

 

よく、食べ過ぎるとお腹に脂肪が溜まってきますが、実は人間が長く生き抜いていく上でこの脂肪が非常に重要な役割を果たしていました。しばらく食べなくても大丈夫なようにお腹についた脂肪を少しずつ消費していくようにできているわけです。

 

ほとんどの臓器は食べすぎに対して対応していない

 

このように、食べないことに対してほとんど抵抗がない人間も、食べ過ぎてしまうことによる抵抗はかなりあるといえます。ほとんどの臓器が食べすぎに対して対応できていないのが現状になります。

 

20代から30代にかけて食べ過ぎてもそれほど問題はありませんが、40代を過ぎるあたりから今までの蓄積がだんだんと出てきます。食べ過ぎの生活はさまざまな病気を引き起こすことになるでしょう。現代人の中で脳卒中は非常に重要な病気です。

 

脳卒中の原因は、要するに血管の流れが良くなくなり詰まりが生じて障害が起こってしまうことです。よく脳卒中になる時倒れたりしますが、これは血流がうまくいっていない証拠です。この血流を良くするためには、食物を考えなければなりません。

 

日本人がもともと食べてきた食べ物は、和食です。それにもかかわらず、1970年代から酢酸外国からの食べ物が入ってきましたこの食べ物が日本人の体に合っているかどうかは当時わかりませんでしたが、あれから40年以上が経過し多くの成人病患者が出ていることを見れば結果は一目瞭然です。

 

過食症はゆうみ鍼灸院・整体院COVOにお任せください

ゆうみ鍼灸院・整体院COVOでは、軽く触れる程度の刺激のみで、全ての施術を行います。自律神経が正常に働き、安定していきます。自律神経の働きが良くなれば、食欲が正常にコントロールされるようになります。

 

必要以上に食べたくなるということが自然となくなります。必要に応じて、適切な食欲がわいてくるようになります。ゆうみ鍼灸院・整体院COVOはきっとあなたのお力になれます。

ご予約・お問い合わせ

電話
  • 店舗画像
  • 営業時間ネット予約

ゆうみ鍼灸院・整体院COVO

住所:〒441-8157 愛知県豊橋市上野町新上野22-2 2F※コンビニ サンクス 豊橋上野店 斜め向い

アクセス:豊橋鉄道渥美線【高師駅】下車 車で3分